イントラレーシック

スポンサードリンク

イントラレーシックの知識

イントラレーシックは最新の近視レーザー治療です。

レーシックの記事でマイクロケラトームという電動カンナがでてきました。

このマイクロケラトームは手動なので、精密度が医師の腕にかかっていたりするなど、機械の性質からうまくいかないケースもありました。

そこで、レーシック手術を更にランクアップさせたイントラレーシックが5年ほど前に登場しました。

イントラレーシックは、マイクロケラトームに代えてイントラレーザーを使用して、レーザーで角膜表層を切除することによりマイクロケラトームの使用で生じる様々な問題をクリアした近視レーザー治療です。


イントラレーシックの手術方法

@点眼で麻酔をします。

Aイントラレーザーで角膜表層部を90〜100ミクロンの厚さでフタの様に丸く削ります。これを「フラップ」と呼びます。

Bフラップをめくりエキシマレーザーを照射して角膜を削り、屈折力を矯正します。

Cフラップを閉じて抗生剤を点眼し消毒する。

スポンサードリンク

イントラレーシックの治療時間

手術時間:約10〜15分
フラップ安定のための時間:約15〜30分
術後の検査と診察:約15分

※個人差がありますので、余裕を持って治療を受けてください。


イントラレーシックの回復の程度

平均して1.6前後というデータがありますが、個人差がありますので詳しくは医師に相談して下さい。

また98%以上の方が1.0以上に回復し、0.9以下であった方は2%程度というデータもあります。


イントラレーシックの費用

両眼で10万円台後半〜50万円でばらつきがありますが、高いから良い安いから悪いと決め付けずにインターネットや口コミなどでご自分で判断することをお勧めします。

近視レーザー治療の基礎知識
近視がレーザーで治療できるしくみ レーシック(lasik) イントラレーシック 強度近視とイントラレーシック近視レーザー治療  
イントラレーシックとレーシック
イントラレーシックとレーシックの違い エピレーシック、レーゼック、PRK イントラレーシックとレーシックの比較  
近視レーザー治療の問題
イントラレーシックのリスクと問題点 イントラレーシックの失敗  
レーシックの費用
イントラレーシックの値段比較 レーシックと保険、医療費控除  
当サイトについて
相互リンク1 相互リンク2 相互リンク3 相互リンク4 相互リンク5