強度近視とイントラレーシック近視レーザー治療

スポンサードリンク

強度近視と近視レーザー治療

イントラレーシックやレーシックといった近視レーザー治療は強度近視にも有効です。

ある医院のデータでは、強度近視の方でも93.5%の方が視力1.0以上に回復しています。

このデータが示すのは強度近視は、イントラレーシックやレーシックで回復が十分見込めるものですが、やや回復の幅が通常の範囲の近視より下がるということです。

強度近視でお悩みの方も、近視レーザー治療は十分に選択に入れられるものと言えます。

スポンサードリンク

強度近視とは

強度近視とは屈折度数が−6D以上−10D未満の近視を指し、屈折度数は機械により測定することができます。

また、コンタクトレンズやメガネを買う際の検査で測るので、自分の屈折度を知っている方もいらっしゃると思います。

■屈折度による近視強度の分類

−3D未満……軽度近視    
−3D以上−6D未満……中等度近視 
−6D以上−10D未満……強度近視 
−10D以上……最強度近視

※最強度近視は一般的に近視レーザー治療はあまり適合しないというのが現状のようです。

近視レーザー治療の基礎知識
近視がレーザーで治療できるしくみ レーシック(lasik) イントラレーシック 強度近視とイントラレーシック近視レーザー治療  
イントラレーシックとレーシック
イントラレーシックとレーシックの違い エピレーシック、レーゼック、PRK イントラレーシックとレーシックの比較  
近視レーザー治療の問題
イントラレーシックのリスクと問題点 イントラレーシックの失敗  
レーシックの費用
イントラレーシックの値段比較 レーシックと保険、医療費控除  
当サイトについて
相互リンク1 相互リンク2 相互リンク3 相互リンク4 相互リンク5