エピレーシック、レーゼック、PRK

スポンサードリンク

近視のレーザー治療にはレーシックイントラレーシック以外にもいくつかの手術方法があります。

ここではエピレーシックレーゼックPRKという近視のレーザー治療の方法を紹介します。


エピレーシック

エピレーシックはレーシックにとても近いものです。

レーシックの記事で、レーシックはマイクロケラトームという電動カンナを使用して角膜を削りフラップを作り、エキシマレーザーを照射して近視を矯正する手術方法と紹介しました。

エピレーシックではマイクロケラトームを進歩させたエピケラトームという器具を使いフラップを作成します。このエピケラトームにより非常に薄いフラップを作ることが可能になりました。

エピレーシックは完治したときの強度に優れますが、治療に数週間かかり痛みが術後数日続くという特徴があります。


レーゼック

このレーゼックもレーシックやイントラレーシックとはフラップの作り方が違うだけの手術方法です。

レーゼックでは器具を使わずにアルコール薬品でフラップを作成し、とても薄いフラップを作成することが出来ます。

視力の安定まで時間がかかる、痛みが引くのに時間がかかるといった問題があります。

スポンサードリンク


PRK

フラップを作成せずに角膜上皮をメスや医療用ブラシで除去してエキシマレーザーを照射する手術方法です。

角膜上皮を除去してしまうので、再生するまでに数週間かかりその間痛みや感染症の危険があるといった問題があります。

近視レーザー治療の基礎知識
近視がレーザーで治療できるしくみ レーシック(lasik) イントラレーシック 強度近視とイントラレーシック近視レーザー治療  
イントラレーシックとレーシック
イントラレーシックとレーシックの違い エピレーシック、レーゼック、PRK イントラレーシックとレーシックの比較  
近視レーザー治療の問題
イントラレーシックのリスクと問題点 イントラレーシックの失敗  
レーシックの費用
イントラレーシックの値段比較 レーシックと保険、医療費控除  
当サイトについて
相互リンク1 相互リンク2 相互リンク3 相互リンク4 相互リンク5