イントラレーシックとレーシックの比較

スポンサードリンク

ここではイントラレーシックレーシックの違いをいろいろな面から比較します。


価格の比較

イントラレーシックとレーシックはそれぞれの医院やクリニックによってどちらか片方しか行っていないことが多いため単純に比較することはできません。

価格もクリニックごとに幅が大きく、最新のイントラレーシックを片眼9万円台で行う大手クリニックから、医師の技量などが関わってくるレーシックを片眼30万円台で行うクリニックまで様々です。


安全性の比較

■イントラレーシック
角膜を削る際にレーザーをコンピューター制御で動かして削るため、薄く正確に削ることが出来る。

■レーシック
マイクロケラトームという電動カンナを手動で使うために、安全性は道具や医師の腕に依存する部分が多く、イントラレーシックに比べ不均一な削り方になってしまいやすい。

スポンサードリンク

フラップの形状の比較

■イントラレーシック
レーザーを使っているため、切断面がキレイで直角になっているためズレやシワになりにくい。

■レーシック
マイクロケラトームで刃を動かして切断するため、切断面にスジが入ることがあり、切断面が鋭角なのでズレやシワになりやすい。


感染症の比較

■イントラレーシック
レーザーを使用して角膜を切断するため、器具からの感染する可能性は低い。

■レーシック
マイクロケラトームの刃により角膜を切断するため、感染症が発生する確率はイントラレーシックより高いといえます。


手術3ヵ月後の視力の比較

■イントラレーシック
ある医院のデータによると、手術後3ヶ月の平均視力は1.61、98%の方が視力1.0以上に回復しています。

■レーシック
レーシックは手術後3ヶ月後の平均視力が1.23、視力1.0以上まで回復する方は92.5%というデータがあります。

近視レーザー治療の基礎知識
近視がレーザーで治療できるしくみ レーシック(lasik) イントラレーシック 強度近視とイントラレーシック近視レーザー治療  
イントラレーシックとレーシック
イントラレーシックとレーシックの違い エピレーシック、レーゼック、PRK イントラレーシックとレーシックの比較  
近視レーザー治療の問題
イントラレーシックのリスクと問題点 イントラレーシックの失敗  
レーシックの費用
イントラレーシックの値段比較 レーシックと保険、医療費控除  
当サイトについて
相互リンク1 相互リンク2 相互リンク3 相互リンク4 相互リンク5