イントラレーシックとレーシックの違い

スポンサードリンク

イントラレーシックとレーシックの違い

イントラレーシックレーシックは角膜にレーザーを照射して近視を矯正するというほとんど同じ手術方法ですが、フラップという蓋状のものを角膜に作るときに使う角膜を削る器具、削る厚さ、削る形状に違いがあります。


器具の違い

イントラレーシックとレーシックの一番の違いはフラップと呼ばれる近視レーザー治療で作られる蓋状の切れ目を作るのに使う器具が違うという点です。

レーシックではフラップを作るのにマイクロケラトームという電動カンナが手動で使われます。

これに対し、イントラレーシックは機械で制御されたレーザーにより角膜が削られます。

スポンサードリンク

削る厚さの違い

レーシックは電動カンナという器具、手動で操作するという性質上、角膜を削る厚さに限界がありますが、イントラレーシックはレーザーを自動で制御するためレーシックよりさらに薄くキレイに角膜にフラップを作ることが可能になり、従来のレーシックでは適合しなかった角膜の薄い方もレーザー近視治療を受けることができるようになりました。


削る形状の違い

レーシックではマイクロケラトームという電動カンナを使用して削ぐように角膜を削ってフラップ(蓋)を作るためフラップがややずれやすい状態となります(リンゴの皮むきの状態を思い浮かべてください)。

イントラレーシックではパズルの端のように切るためレーシックよりフラップがずれにくい状態になります。

ここまでを見て頂けるとお分かり頂けるかも知れませんが、イントラレーシックはレーシックが更に進歩したレーザー近視治療といえます。

近視レーザー治療の基礎知識
近視がレーザーで治療できるしくみ レーシック(lasik) イントラレーシック 強度近視とイントラレーシック近視レーザー治療  
イントラレーシックとレーシック
イントラレーシックとレーシックの違い エピレーシック、レーゼック、PRK イントラレーシックとレーシックの比較  
近視レーザー治療の問題
イントラレーシックのリスクと問題点 イントラレーシックの失敗  
レーシックの費用
イントラレーシックの値段比較 レーシックと保険、医療費控除  
当サイトについて
相互リンク1 相互リンク2 相互リンク3 相互リンク4 相互リンク5