イントラレーシックの失敗

スポンサードリンク

イントラレーシックの失敗

イントラレーシック手術である以上失敗はあるとお考えの方もたくさんいらっしゃると思います。

そこで、ここでは一般的なイントラレーシックの失敗の不安を取り上げていきます。

また、不安がある場合は医師に相談することをお勧めします。


失明する可能性は?

2006年現在失明した事例は、世界で1件もありません。

イントラレーシックやレーシックは事前に多くの検査を行い、適合する方を絞り込んでいますので失明するという事例が起こっていないと考えられます。

スポンサードリンク

失敗することは?

期待していたほど視力が回復しなかった場合再手術が行われます。

ある医院のデータによるとイントラレーシックの再手術率は1%未満で、標準のレーシックの再手術率は3〜13%ということですので、イントラレーシックは優れた手術方法だということが出来ます。

思ったより効果が無いことは?

イントラレーシックでは事前の検査により、どの程度まで回復するのかある程度予想ができるので、思っていたより回復しないというケースはあまりないようです。

まれに期待より視力が矯正できない場合もあり、その時は再手術が行われます。

結論としては、イントラレーシックも手術である以上リスクがあるのは当然ですが、他の手術と比べると失敗などの事例は少ないと言えるでしょう。

近視レーザー治療の基礎知識
近視がレーザーで治療できるしくみ レーシック(lasik) イントラレーシック 強度近視とイントラレーシック近視レーザー治療  
イントラレーシックとレーシック
イントラレーシックとレーシックの違い エピレーシック、レーゼック、PRK イントラレーシックとレーシックの比較  
近視レーザー治療の問題
イントラレーシックのリスクと問題点 イントラレーシックの失敗  
レーシックの費用
イントラレーシックの値段比較 レーシックと保険、医療費控除  
当サイトについて
相互リンク1 相互リンク2 相互リンク3 相互リンク4 相互リンク5